株式会社エス・シー・ラボ

仮想化システム

今日のITの課題は?

古いアプリの継続利用、増えすぎたサーバの台数、利用率の低いサーバ

リース切れのサーバをリプレースするとOSが新しくなり、使っていたアプリが動かなくなります。

システム追加が重なりサーバ台数が増え過ぎると、電力・管理コストの割に稼働率が低くなります。

サーバは多いが利用率が低いものが多いと、無駄な投資が増えてしまいます。

既存サーバを統合し、仮想環境で運用させることで上記問題は解決できます。

仮想化でのアプリの継続利用

仮想化によるサーバの削減

仮想化による利用率の向上

障害対策コストも従来より安価に抑えることができます。

仮想環境構築サービス

弊社は、仮想化技術を用いて、サーバなどの集約・統合を実現するための環境の構築を支援します。

弊社は、単なる仮想環境の構築だけでなく、これまでの実績で得た仮想化環境の計画、構築、運用に関する技術・ノウハウを用い、貴社の課題を解決に必要な範囲でサーバ仮想化の効果を提供します。

サーバ統合・仮想化構築ステップ

Step 1:現状調査

  • 仮想化するサーバの洗出し (利用用途やアプリケーション)
  • 仮想化するサーバの調査 (OSやスペック、台数)
  • ライセンス体系 (ライセンスもしくはパッケージ)

under_allow

Step 2:調査結果から物理サーバの要件の明確化

  • VMware、Hyper-V
  • 調査結果から物理サーバの要件(スペック)の洗出し、可用性・柔軟性・ライセンス費用などを考慮
  • バックアップやネットワーク構成の分析

under_allow

Step 3:仮想環境へ移行前の動作確認

  • 移行計画の策定(必要に応じて見直しを実施)
  • お客様にて動作確認を実施、トラブル時には原因の究明、解決

under_allow

Step 4:本番環境へ移行

  • 最終の移行計画に従い移行開始
  • バックアップ、ダウン対策など決定した要件が機能するか確認を実施
  • お客様にて動作確認を実施

小規模な仮想環境の構築

小規模な仮想環境の構築イメージ

効果的な規模の調整

  • 4サーバを物理サーバ1台に統合

電力、冷却、空間の節約

  • 3台分のサーバ消費電力の削減

サーバ移行の時間短縮

  • 数時間で物理サーバから仮想サーバへ移行可能
    (数十GBの場合)

中~大規模な仮想環境の構築

中~大規模な仮想環境の構築イメージ

 

効果的な規模の調整

  • 12サーバを物理サーバ3台に統合

電力、冷却、空間の節約

  • 9台分のサーバ消費電力の削減
  • スペースの大幅な削減

サーバ移行の時間短縮

  • 数時間で物理サーバから仮想サーバへ移行可能
    (数十GBの場合)

サーバの故障対策

  • 物理サーバの故障時に、仮想サーバが数分で正常な物理サーバ上で再起動
  • ソリューション&サービスから選ぶ
  • セキュリティの危険性を知る
  • 11820583
  • ページトップへ戻る